古本情報局

古本に関するサイト・ブログの紹介のほか、絶版文庫の総目録を作成中です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
【R006】 カリフォルニア・ゼネレーション ジェイラ・ブラディ 訳・菅野彰子
r006.jpg
 「わたしは、カメラの前で、恋人ジェフとからだを重ねている。愛し合うふたりが楽しい日々を送っていた数カ月前のある日、わたしたちは恐ろしい罠に落ち、脅迫を受け、そして今、ポルノ映画のためにセックスをするという屈辱的な場面にいる。いったい、この先に、何がわたしたちを待ち受けているのだろう。とにかく、一刻も早く、この苦痛から逃れたい。」(カバーより)

【R008】 シスコの熱い夜 メアリ・サティヴァ 訳・石田善彦
R008.jpg
 「わたしは21歳の美術学生。わたしがニューヨークの街を歩くと、街中のヒッピーが、欲情に輝く眼でふり返る。車の中で、森、ロックコンサート、ハイウェイ沿いの芝生で、LSDのめくるめく幻覚につつまれ、奔放な性を楽しむ。自由に愛すること、それがわたしの生き方。けんそうと孤独と愛の渦まく街ニューヨークから、フラワーチルドレンの街サンフランシスコへ、私の旅は続く。」 (カバーより)

【R010】 ダミー・ワイフ ロバート・シェルドン 訳・江藤潔
r010.jpg
 「奔放に性を生きる女ジョジョと上流夫人モイラは、双児の姉妹。モイラの代役をひきうけたジョジョの中に、もうひとりの自分の世界が展ける。モイラとして味あう官能と興奮。それは、向かい合わせの二つの鏡が作るかぎりない映像の連なりにも似た、不可思議な体験。」(カバーより)

【R012】 乾いた性 モンロー・C・スピアー 訳・吉野博高
r012.jpg
 「1960年代、サウス・カロライナに吹く乾いた夜風は、若者たちの性をい激しく燃えあがらせていた。ガソリンスタンドで働く青年モンティと、町の大富豪の娘マーシャは、思い出の湖畔で熱い肉体のうずきを癒やし合っていた。それを知り、逆上した彼女の婚約者ハリーは、間違ってモンティのいとこを強姦して殺してしまう。今夜もまた、若い性の嵐は吹き荒れる」(カバーより)

【R014】 閉ざされた部屋 作者不詳 訳・行方未知
R014.jpg
 「わたしの心をもてあそんだアリス。次は君の肉体がもてあそばれるのだ。『やめて!触らないで!』アリスの絶叫が閉ざされた部屋を貫き、わたしを復讐に駆り立てる。アリス、君の魅惑的な肢体、真珠色の肌、それがいくつもの目くるめく陵辱の嵐におそわれるのだ。やがて君は、誇り高い純潔の砦をわたしに明け渡し、甘美な悦楽の生贄。」 (カバーより)

【R021】 モーテル殺人事件 J.J.サヴェージ 訳・石田善彦
r021.jpg
 「銀行から強奪された17万2千ドルのありかをめぐって惨殺された美しい女。真犯人を追う私立探偵バート・レヴィンの前にたちはだかる第2、第3の殺人の謎。暗い予感を秘めていちだんと燃え盛る若き脱獄囚ボギーとキャシーの愛が絡んで、物語は意外な結末をむかえる―ロマン&サスペンスの異色作」(カバーより)

【R025】 人妻キティ ロシェル・ラーキン 訳・小幡祐子
R025.jpg
 「結婚して10年。キティは夫を欺きつづけ、燃えさかる欲情の炎を冷えた膚の下でひた隠しにしていた。過去の忌まわしい事件が彼女に残した傷はいまだに癒えてはいない。しかし、夫の背信を知ったとき、キティの抑制された性が一拠に爆発し、歯止めを失ったように野性的なポップ歌手クリフのもとへと走っていく・・・。」 (カバーより)

【R027】 トコ博士の性実験 マルコ・ヴァッシー 訳・小鷹信光
R027.jpg
 「ニューヨークの街でひろったありきたりのセックスのなかで、わたしは、性実験に身を呈した返らぬ日々を思い出す。トコ博士の研究所で、聖なる探求心に満ちた日々―聖女と淫女の極致を行き交うスーザン、コムピュータ<ヴュヴュ>、たくましい黒人男サミュエルなど、性実験を共有した同僚たち。そしてトコ博士―。」 (カバーより)

【R028】 パール傑作選Ⅰ 訳・山下諭一
R028.jpg
 “THE PEARL”は、退廃ムードの渦巻く世紀末ロンドンに、新たに投じられたひとつの渦紋であった。世紀末作家が匿名によって発表を競ったこのアングラ・ポルノ誌にロンドンは大きく湧き返った。今は幻のごとく消えたこの雑誌から傑作を選んで訳出したのが本書。力量ある作家の本格ポルノにご期待を乞う」 (カバーより)

【R029】 性の原罪 アラン・クレルン 訳・結城豊太
R029.jpg
 「夫婦という名の一番短い連環が解けかかる。二つの環は快楽と愛を求めて、それぞれが新たな環と結びつき、不確かな人間関係の鎖ができる。やがてさらに二つの環が加わって、鎖と呼ぶには複雑すぎるからまりを見せる。その六つの環からなる「奇妙な鎖」は、一人の男が全ての秘密を知ったとき、破局へ向かってはじけるのだが・・・。」 (カバーより)

【R030】 檻のなかの小悪魔 リアーヌ・メリー 訳・澤田登
r030.jpg
 「愛する女ジョイスが目の前で演ずるレズビアンの痴態。修羅の狂恋を前にジャン・クロードは、だから返って、激しくジョイスへの思いを募らせる。男と女のあわい妖しく揺れ動くこの白痴のような美獣を、だが、もうこれ以上放置するわけにはいかぬ。そう決意して訪れたジャンではあったが、彼がそこではしなくも遭遇した結末は・・・。」(カバーより)

【R031】 マンマ ピエール・ベール 訳・吉野博高
R031.jpg
 「年上の女ソニア―この母なる情婦(マンマ)のむせかえるような胸のほてりの中で、少年フランソワの青い性は孵化した。少年は性の温床を巣立ち、未知の女を求めて逸楽の旅に出る。少年は満たされたのか。だが、少年のからだの深部に呼びかける裸体の知れぬ熱い囁きが、なぜか少年を来た道へといざなってやまない。フランソワはマンマの許へ・・・・」 (カバーより)

【R032】 好色なトルコ人 作者不詳 訳・明石苑
R032.jpg
 「時代は19世紀の初頭、アルジェの後宮を舞台に展開される愛欲絵巻。運命のいたずらから、女奴隷として売られた三人の乙女が、その清く堅い花の蕾を、好色の大守アリのむくつけき」胸の中で一輪一輪と無体に開花させられるといったお話。ひとたび処女という名の砦を失った乙女たちの、しかしこれはまたんたる痴態か。悲しい女の性を思わせるエレジーでもある。」 (カバーより)

【R033】 のぞき コーニー・オハラ 訳・伊東守男
R033.jpg
 「クレイトンズ・カレジの寮ではいままさに狂宴が繰り広げられようとしていた。カレジきっての美人ブレンダは学院長夫妻相手にトリプルセックスを。一方コンセプションはブレンダの恋人と華麗な初夜の儀式を。そんな光景を竪穴からのぞき見し、自慰する庭師ジョブ。それでもいやしきれないジョブは抵抗するブレンダを犯す。ついに彼女の首にジョブの手が・・・。」 (カバーより)

【R034】 パール傑作選Ⅱ 訳・足利光彦
R034.jpg
 「私はローズの乳房に接吻し、うち震えているその体を両腕で抱え上げるとベッドにそっと寝かせた。ローズはただ一途に燃えて荒れ狂っていた。指先であの愛らしい唇を探りあてた私は、自分の童貞の肉柱の先を手入らずのローズに差し向け・・・。パール傑作選第2段。上記は長篇“ラ・ローズ・ダムール”より抜粋。他に中・短篇、詩、コントとバラエティに富んだ一冊。」 (カバーより)

【R037】 わが愛しの妖精フランク 作者不詳 訳・中村康治
R037.jpg
 「わたしの鞭をよけるように、少年は横向きになる。その時、少年フランクの裸身の前の部分が目に入った。わたしは面くらい驚愕した。ちょうど金色のうぶ毛のようなほんのりと萌えでている丘の陰に、ピンク色した細い柔らかな線状になった女性の部分を見たのだ(本文より抜粋)幻のエロチカと称され、ビクトリア朝時代の香り高い鞭撻小説として『宝石』に連載。」 (カバーより)

【R038】 恋愛ごっこ 作者不詳 訳・江藤潔
R038.jpg
 「ぼくとジョージは仲良しの同級生。思春期にさしかかり、好奇心と欲望は人一倍旺盛な二人。夏休みをジョージのいなかで過ごし、二人の美少女とおもわぬアバンチュールを楽しむ。恥じらいを見せる少女たちにかりたてられ、ぼくたいの性の探索は続く。そこへ少女ファニィも加わり、追いつ追われつの恋愛ごっこはますますエスカレートするが・・・。他一篇収録。」 (カバーより)
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

 

目録リスト

リンク

このブログをリンクに追加する

オススメ

無料ホームページ ブログ(blog)



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。